本文へ移動

T-style建築計画

『設計者に話さないといけないし、設計者は話さないといけない』

私は家を創っていく上で、設計者とクライアントのコミュニケーションが最も重要で、

お互いを信じあえて初めて良い関係性が成り立つと考えています。

デザインとは・・・素材とは・・・

最近の家はデザインとスタイルが混同している気がしてならない。

無理矢理デザインされた家はどこか主張が強く飽きやすい。

機能をもったデザインは自然で、たとえ主張があっても飽きられないのではないだろうか。

飽きられないデザインとは、機能をデザインすることであり、

それは光や風、土、水、熱、そういった普段考えにくい素材をデザインする事で

生まれてくるんだと思うんです。

目に見える物だけではなく、五感で感じるデザイン・・・ 

それは光であり、風であり、熱であり、空気であり・・・

この見えない素材をデザインする事を常に心がけるようにしている。

家創りってもっと素直に、もっと素朴でいいのではないだろうか。

私が意識しているのは、今の時代のニーズや流行にあった家ではなく、

10年住んだ後のクライアントの感想が聞ける家です。

また、住まいとは人に認めてもらうのは当然であり、

それと同時にその環境にも認めてもらう事が重要だと考えています。

家が建つ事でその土地環境に変化が生じない事を常に意識しているのです。

様々な気配を感じ、その土地の気候を読み解いていく・・・

少しでも空間が豊かになる工夫をする立場が設計者であり、

家は目と心の栄養にならなくてはいけません。

家が完成して喜ばれるのは当り前。

私は喜びを超えた 『感動する家』 を創ることが自分に課せられた使命だと考え、

設計という仕事と日々向き合っている。

                               
                          玉井 清隆
お問い合わせはこちら
TEL.083-253-4104
FAX.083-253-4130
メール送信画面へ
有限会社 玉井工務店
〒751-0859
山口県下関市川中本町1-15-14
TEL.083-253-4104
FAX.083-253-4130

───────────────
<事業内容>
・建設業
・不動産業
───────────────
<許可・免許>
・宅地建物取引業許可
 山口県知事許可(6)第2589号
───────────────
2
8
1
8
0
7
TOPへ戻る