本文へ移動

2014

大屋根と焼杉の家

 
Concept
 
 外観は本焼杉の板張りと二階までの空間を一つに包む大屋根で構成し、一見平屋を感じさせる意匠としている。近隣や通行人からの視線を回避した平面計画は住心地を追及し、内部空間は化粧の梁が和の印象を与えてくれる。
大屋根を活かしたリビングの吹抜け天井は空間に広がりをもたらし、フロアを程良く繋ぐ事で家族の気配を感じさせてくれる役割を果たす。
温熱環境をバリアフリーにした安全で安心な住まいになっていると思う。
 
                             

空と気配を掴む家 ~Skip House~

 
Concept
 
 比較的敷地高低差のある新しい団地の中での計画である。
この土地環境での最大の制限は日照の確保と近隣からの視線回避だった。
また敷地面積より実質活用できる土地面積は少なく、思ったより敷地に制限がある。その中で様々な条件をクリアする提案としてスキップフロアの家で計画をした。
道路接道面と現状GLには約80㎝の高低差があり、駐車スペースを2台確保する為には相当量の残土を処分しなくてはならなかった。
また東側の住宅は1m40㎝程度高い敷地に2階建てが建っている為、ただでさえ朝日が入り難い環境でる。そこで道路との高低差を活用し、また処分すべき残土を少し盛り、あえて更に敷地に高低差を付け空間をスキップフロアにし、高低差を最大限に活かした住宅の在り方を検討した。
 中心に中庭を設け、その中庭を取り囲む様に空間を配置した。空間の程良いズレが平地での計画とは違う広がり感を生んでいる。
中庭からは各空間に光と風を届けてくれるだけでなく、色々な気配を感じさせてくれる。
タイトルにもある「気配」とは家族の気配と環境の気配。中庭からは「空」を望め、雲の動き等が時間の経過を知らせてくれる。建物の外観からは想像出来ない開放感という豊かさがこの住宅にはある。中庭に面する開口部を閉じれば個々の空間へと変化し、プライバシーも確保できる。なにより回遊性の高い動線計画は生活にゆとりを生んでいる。内部は木の香りに包まれ、ほっこりとした優しい空間デザイン。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

土台敷き

2013-11-30

基礎工事

2013-11-15

社長も現場に立ち、しっかり確認をしながら工事は着々と進んでいます!

 

地鎮祭

2013-11-04
本日、晴天のもと下関市小月杉迫にて地鎮祭を行いました!
今週末から基礎工事に着手する予定です。上棟は12月3日(火)の予定です!
 

地盤調査

2013-06-28

地縄張

2013-10-25
11月4日に予定された地鎮祭にむけ、本日地縄を張りました!!
当日は、快晴になりますように...♪
お問い合わせはこちら
TEL.083-253-4104
FAX.083-253-4130
メール送信画面へ
有限会社 玉井工務店
〒751-0855
山口県下関市稗田西町9-21
TEL.083-253-4104
 FAX.083-253-4130

───────────────
<事業内容>
・建設業
・不動産業
・飲食業
───────────────
<許可・免許>
・宅地建物取引業許可
 山口県知事許可(7)第2589号
───────────────
4
8
7
1
1
9
TOPへ戻る